誰もが安心して
遊技できる
環境づくりを

遊技業界はパチンコ・パチスロへの依存問題に対する啓発・予防等の取り組みの一環として、パチンコ店で自己申告・家族申告プログラムの導入を進めています。これにより、のめり込みを抑制したいと考えているお客様をサポートします。

ご自身でパチンコ・パチスロ遊技へののめり込みを抑制したいお客様、あるいは遊技へののめり込みによりその家族の生活に支障を生じさせるおそれがあるような遊技者のご家族は、自己申告・家族申告プログラム導入店舗で申込みを行なうことで以下のようなサポート(プログラム)を受けることができます。

目次

1.自己申告プログラム(遊技するお客様ご自身で申し込むプログラム)

①上限金額…

お客様ご自身で1日の遊技に使用する金額の上限を設定し、超過した場合にお知らせします。
(金額超過のお知らせは、店舗のシステムにより次回来店日となることがあります。)

②上限回数…

お客様ご自身で1ヵ月に来店する回数の上限を設定し、超過した場合にお知らせします。
(1ヵ月を月ごととするか申込日から1ヵ月間(30日間)とするかは店舗が決めてご案内します。)

③上限時間…

お客様ご自身で1日の遊技を行う時間の上限を設定し、超過した場合にお知らせします。
(上限時間は来店の都度決めることができます。)

④入店制限…

お客様ご自身で申込みした店舗に入店しないことを宣言し、入店した場合は退店を促す声かけをします。

2. 家族申告プログラム(遊技者のご家族が申し込むプログラム)

⑤入店制限同意書あり…

遊技者のご家族が、遊技へののめり込みにより家族の生活に支障を生じさせるような遊技者本人の入店制限を申込み、本人が入店した場合は退店を促す声かけをします。また、家族申告プログラムは、本人が入店した際に、申し込みしたご家族にも連絡をします。本プログラムは、申込書とともに、遊技者本人によるプログラム申込同意書を提出いただきます。

⑥入店制限同意書なし…

遊技者のご家族が、遊技へののめり込みにより家族の生活に支障を生じさせるような遊技者本人の入店制限を申込み、本人が入店した場合は退店を促す声かけをします。
また、家族申告プログラムは、本人が入店した際に、申し込みしたご家族にも連絡をします。
本プログラムは、申込みに遊技者本人によるプログラム申込同意書の提出は不要ですが、その代わりとして、入店制限の実施を必要とすることが客観的に証明できる書類を提出いただきます。
必要書類の詳細は本プログラムを導入している店舗にてご相談ください。

  • 家族申告プログラムにおける申込可能な家族とは、配偶者、2親等以内の親族(成年者に限る)をいい、「家族」という表現には本人の法定代理人を含む。
  • 2親等以内の親族= 本人および配偶者の父母、子供、子供の配偶者、祖父母、兄弟姉妹、兄弟姉妹の配偶者、孫、孫の配偶者
  • 家族申告プログラムは入店制限のみの対応です。
    依存問題対策は本人の意思による回復が重要であるため、可能であれば自己申告プログラムの申込みをお薦めします。

3. 自己申告プログラムおよび家族申告プログラム導入マニュアル

※プログラム導入店舗の皆様へ
ここでは、本マニュアルのうち、一般公開用として、
プログラムの概要のみ記載しております。
店舗でプログラムの導入に活用される場合は、各所属団体に確認し、
全内容のマニュアルを取得してください。

4. 導入店舗情報一覧

自己申告・家族申告プログラムを導入している店舗は以下のPDFファイルよりご確認ください。
情報は都道府県別に区分して掲載しておりますので、お住いの都道府県より近隣の店舗を検索してご活用ください。

<掲載情報>

  1. 店舗名
  2. 店舗住所
  3. 導入プログラム種別(“〇”のついているプログラムが導入されています。)

こちらのPDFファイルをダウンロードしてご確認ください。

自己・家族申告プログラム導入店舗情報一覧

実際の導入状況や申込方法については、各店にてご確認ください。
(2020年11月12日更新)